ʥӥ

 

当サイト『ブラックバス釣りism(バスフィッシングイズム)』は、
ブラックバス釣り専門情報サイトです。

ブラックバスの生態と習性ブラックバス釣りの基本道具、装備についてから、
バス釣りのポイントと攻め方季節を考えた釣り方、あるいは陸っぱり攻略法
ボート釣り攻略法といったバスフィッシング実践テクニック
さらには、バス釣りに関するQ&Aブラックバス釣り用語解説まで

ブラックバス釣りに関する様々なお役立ち情報を公開します。

バスフィッシングのことなら『ブラックバス釣りism(バスフィッシングイズム)』
お任せ下さい!

さぁ、ブラックバス釣りを、一緒に楽しみましょう!

 

ブラックバスの生態ブラックバスの釣り方バスフィッシングの魅力から
ブラックバス釣り専用ルアー、ロッド、リール、ラインなどバス釣り必須アイテム
バス釣り必須装備について、バス釣りのポイントと攻め方季節を考えた釣り方
陸っぱり攻略法ボート釣り攻略法といったバス釣り実践テクニック    など

ブラックバス釣りに必要な豆知識を解説します。

※ 当ページの最下部に詳しい説明がございますので、参考にして下さい。


 

 

  • バスフィッシングブログ~バス釣り名人が教えるプロのテクニック
  • バスフィッシングブログ~バス釣り名人が教えるプロのテクニック

>> 詳しくはコチラ

  • ブラックバス釣り名人、泊浩司のバスフィッシング攻略DVD講座
  • ブラックバス釣り名人、泊浩司のバスフィッシング攻略DVD講座

>> 詳しくはコチラ

 

  • 海上釣掘ism
  • 海上釣掘ism

  • グレ・メジナ釣りism
  • グレ・メジナ釣りism

  • チヌ・黒鯛釣りism
  • チヌ・黒鯛釣りism

  • シーバス釣りism
  • シーバス釣りism

  • エギング(アオリイカ釣り)ism
  • エギング(アオリイカ釣り)ism

  • 太刀魚(タチウオ)釣りism
  • 太刀魚(タチウオ)釣りism

  • ハネ・フッコ釣りism
  • ハネ・フッコ釣りism

  • メバリング(メバル釣り)ism
  • メバリング(メバル釣り)ism

  • キス釣りism
  • キス釣りism

  • 鮎(アユ)釣りism
  • 鮎(アユ)釣りism

  • へら鮒(ヘラブナ)釣りism
  • へら鮒(ヘラブナ)ism

  • ブラックバス釣りism
  • ブラックバス釣りism

戻るボタン 進むボタン

シーバス釣り豆知識

ブラックバスの魅力

数あるルアーフィッシングの対象魚のなかでも、
もっとも多くのファンを持つのがバスフィッシングです。

では、その魅力はどこにあるのでしょうか?

まずは、ブラックバスが身近な水域に棲息していて、
手軽に釣れる
ことが挙げられます。

次に、タックルのデザインが洗練されていて、
見た目にかっこいい
ことも、大きな魅力のひとつです。

他の対象魚に比べて、使うルアーの種類が圧倒的に多いことも、
釣り人の心をくすぐる要素です。

楽しみ方の自由度が高いのも、素晴らしい点です。

会社帰りの、ささやかな息抜きに楽しむもよし。
大きいバスだけをストイックに追い求めるもよし。
トーナメント(釣り競技会)で技術を競い合うもよし。

そして、特定のルアーだけにこだわって使うのもよし。

バスフィッシングの裾野は、まさしく広大です。

そして、ブラックバスという魚そのものが、
サービス精神旺盛なファイターであることも、付け加えておきましょう。

ブラックバスの釣り方

ルアーフィッシングとセットで日本にやってきたブラックバス

フライ釣りやエサ釣りも可能ですが、メインはやはりルアー釣りです。

1.ルアー釣り

岸から、ボートからと、多様なアプローチで楽しめます。

フィールドも天然湖、ダム湖、野池、川と多彩です。

ブラックバスが放流された管理釣り場もあります。

ルアーには形状、サイズ、色、材質の異なる様々なタイプがあります。

時期や釣り場の特性、それに当日の状況を見て、それらに合ったルアーを選択し、
ブラックバスが興味を持つアクションを演出することが、この釣りの醍醐味です。

2.フライ釣り

大型のバスバグやストリーマーなどが使われます。

大型とはいっても、大半のルアーより小さいため、
小型がメインとなりそうですが、同じ条件で
フライにばかりアタックがあることは珍しくありません。

現在ではポピュラーな釣り方とはいえませんが、シンプルなタックルで
ブラックバスとやりとりするのは、また違った楽しさがあります。

3.その他の釣り方

ミミズやエビ類、活きた小魚をエサにしたエサ釣りでもよく釣れます。

意外なところでは、海釣りに使われるアオイソもいいでしょう。

ルアーでは釣れないときでも活きエビでは簡単に釣れることがあるので、
ビギナーなどがブラックバスを釣るにはいい方法です。

ブラックバス釣りで使われる主な仕掛け

1.ルアー釣り

・小型ベイトリール
・バス用ベイトロッド:5.6~6.6フィート
・ライン:ナイロン6~12lbまたはフロロ4~10lb
・ルアー:バス用ルアー各種

これは、ベイトタックルの例です。

スピンタックル、ベイトタックルいずれも使えますが、どれを選ぶかは
釣りのスタイルや釣り場の状況、使うルアー次第です。

岸釣りなら遠投の利く7フィート以上の長めの竿が有利です。

ボート釣りでは、複数の竿を持ち込むのが一般的です。

軽量ルアーを扱うスピニングタックルと、
引き抵抗の大きいルアーを扱うベイトタックルの両方があるといいでしょう。

2.フライ釣り

・中型フライリール
・フライロッド:6~8番8~9フィート
・ライン:フローティングまたはシンキング♯6~8
・リーダー:3X5X7~9フィート
・ティペット:3X~6X
・フライ:バスバグ、ストリーマーなど♯2~8

ブラックバス釣りの装備

ブラックバス釣りに使われるロッドの種類は極めて多い。

トーナメントを戦うバスアングラーは、少なくとも7、8本のタックルを
ボートに積んでいます。

そして、それぞれのロッドが、特定のルアーや釣り場に適合した長さと調子を
備えています。

一方、たった1本のロッドでも釣りは可能ですし、むしろ岸釣りでは
ロッド1本の方が機動力に長けています。

どれくらいの本数にまとめるかは本人次第ですが、できれば
ベイトタックルとスピニングタックルを、1本ずつは用意したいものです。

ベイトタックルは、大部分のバスルアーを正確にキャストできる
バス釣りのメインロッドです。

スピニングタックルより太いラインを使えることも長所になります。

ただし、ベイトリールは、その構造上、バックラッシュという
ライントラブルが生じやすいので、練習と熟練が必要です。

スピニングタックルは、「ライトリグ」と呼ばれる軽いウエイトのワーム仕掛けや、
ミノーなど飛距離の出にくいルアーを、細いラインを使って飛ばすことができます。

トラブルの確率が少ないものの、
重いルアーや太いラインになると使いにくくなります。

ベイトの場合、プラグ用のラインはしなやかさを重視してナイロンの12~16lb。

ワームなら感度重視で、フロロカーボンの12~20lbが標準的です。

トップウォーターの場合は、沈みやすいフロロカーボンラインは適しません。

むしろPEの4号前後を使っている人が多いようです。

スピニングはライトリグ用として使うことが多いので、
3~7lbのフロロカーボンが主流です。

PEなら0.8~2号の範囲が適しています。

1.スピニングタックル

ロッドは長さ5フィート6インチ~6フィート6インチで、
ライト~ミディアムアクション。

これに合わせるリールは1500~2500番台で、ラインは3~7lb。

ヘビーカバー(水棲植物などの障害物があるポイント)も狙える
「パワーフィネス」タックルは、ミディアムヘビークラスのロッド。

ラインは6~7lbのフロロラインか、1号前後のPEを使用します。

2.ベイトタックル

ロッドが5フィート6インチ~6フィート6インチで、
ミディアムライト~ミディアムヘビーアクション。

リールは専用のベイトリール。

ラインは12~16lb。重いルアーを使ったり、
ヘビーカバーを狙ったりするなら、ヘビータックルを使用します。

7フィート以上のエキストラヘビーアクションのロッドで、ラインは26lbです。

ブラックバス釣りに必要な小道具

1.プライヤーなど

ハサミはイトを切るなどに必要です。
フックシャープナーも欲しいところです。

プライヤーはフック外しに重宝します。

また、釣ったバスの長さを自慢したいなら、メジャーも用意しましょう。

2.ルアーケース

使う頻度の高いルアーは、小ぶりのルアーケースに入れるのが主流です。

そして、ワームの仕掛け(リグ)を作る小物は、
専用の小物ケースに収納すると便利です。

3.ウエアリング関係

日避けだけではなく、安全面でも防止は必要です。

偏光グラスは、水中の障害物や、ブラックバスそのものが見やすくなります。

ボール釣りはもちろん、岸釣りでも足場の高いところなどでは、
ライフジャケットが必須の装備です。

4.タックル収納

ボート釣りであれば、タックルボックスに
多量のルアーを詰めて積み込むのが楽です。

岸釣りでは、ショルダーバッグにケースなどを収納し、
身に付けた方が機動的です。

ルアーのバリエーション

1.トップウォータープラグ

水面で動かして、バスを誘い出すルアーです。
平穏な水面が炸裂して、バスがルアーに襲い掛かるのが見えるので、興奮度が高い。

2.クランクベイト

およそ魚とは思えない、丸くて太いボディを左右に揺らして、
水中へ潜っていくルアーです。
ルアーによって、潜る深さが違います。

3.ワイヤーベイト

ブレードと、スカート付きのヘッドをワイヤーでつないだバス特有のルアーです。

4.ミノープラグ

小魚に近い形状のプラグです。
タダ巻きだけでもアクションしてバスを誘いますが、
トゥイッチさせることにより、左右へのダートアクションを出せます。

5.バイブレーションプラグ

クランクベイトやミノーと違い、リップがなく、
背中で水を受けて細かく振動します。
広い範囲をスピーディーに探るのが得意なルアーです。

6.フロッグ

トップウォーターの一種です。
フックがソフトな中空ボディと一体化していて、根掛かりが少ない。
バスに噛まれるとハリ先が出るようになっています。

7.ラバージグ

ジグヘッドにラバースカートを付けたジグです。
通常、ワームを装着して使用します。
水中でスカートが複雑に動き、バスを誘惑します。

8.ビッグベイト

小魚と同等、あるいはそれ以上の大きさの巨大なルアーです。
特に集魚力に優れ、ビッグバスを選んで釣る能力があります。

9.ワーム

ソフトプラスチック素材で作られた軟らかいルアーです。
ハリやオモリでリグ(仕掛け)を作って使用します。
小魚やエビを模したものが多くあります。

ブラックバス釣り専用のルアー

ルアーのなかでもブラックバス用のルアーは、
抜群に多様なバリエーションを誇ります。

釣具店に入ると、星の数ほどのルアーが並んでいて、
入門者にとっては、どれを買ったらいいのか見当がつかないほどです。

バスフィッシングのルアーを大別すると、9つほどのカテゴリーに分けられます。

これらのカテゴリーからバランスよく購入すれば、
ほとんどすべてのシチュエーションに対応できるはずです。

ただし、ビッグベイトは1個5,000円前後と高価で、専用のタックルも
必要になってくるので、入門のときに無理をして購入することはないでしょう。

ルアー選びの大原則は、バスのいるレンジに合ったルアーを使うことです。

バスが表層近くにいるなら、トップウォータープラグ
ちょっと潜っているなら、ミノーシャロークランク
もっと深いならミィディアムクランク…と考えるのがシンプルです。

バイブレーションスピナーベイトは、放っておくと沈んでいくルアーなので
リトリーブスピードやウエイトによって、ある程度好きな水深を引くことができます。

肝心のルアーの動かし方は、それこそ千差万別です。

基本的な演出法だけ説明すると、クランクベイト、スピナーベイト、
バイブレーションプラグ、ビッグベイトは一定速でタダ巻き。

フロッグを含むトップウォーターは、チョンチョンと
竿先を動かして首を振らせるか、ストップ&ゴー
が基本です。

ミノーはタダ巻きと竿先を鋭く動かすトゥイッチング

そして、ワームとラバージグは、まずはフォールさせて、ボトムで
チョンチョン動かしたり、ズルズルと這うように動かす
のがベーシックな演出法です。

各ルアーの特徴を生かして、状況ごとにルアーを替えるのが理想です。

しかし、経験の浅い段階で的確な判断を下すのは難しいものです。

意外に、同じルアーを1日中使い続ける方が、
そのルアーの善し悪しがよくわかり、上達が早いこともあります。

ワームのバリエーション

1.ストレート

ワームの原型です。

一見ミミズのように見えますが、多くの場合、水中では小魚に見えます。

どんなリグにも対応し、オールマイティに使えますが、
細身で食べやすいこともあって、特にバスの活性が低い状況下で、
その威力を発揮することが多くあります。

2.カーリーテイル

テール部分がくるんと曲がっていて、タダ巻きしたときに、
テール部分がピロピロと動きます。

尾ビレを動かしながら泳ぐ小魚を想起させるアクションです。

ジグヘッドリグ、スプリットショットリグに適しています。

3.シャッドテール

テールが水を受けやすい構造になっていて、巻くだけで力強くテールが動きます。

そして、ボディ全体までをも揺らす力があります。

ジグヘットリグが一般的ですが、最近ではフットボールラバージグに装着する
「スコーンリグ」が人気です。

4.スティックベイト

小魚に酷似したシルエットで、
ナチュラルスイミングと左右へのダートが得意です。

高比重素材の場合は、フォーリング中のバイトが多いのも特徴です。

ノーシンカーリングが一般的にして最強です。

そして、ジグヘッドリグにも適しています。

5.クロー&ホグ

ザリガニを模したクローと、2枚のパドルを持つホグは、
その境界線がなくなってきました。

大型のバスは栄養価の高い甲殻類を食べている確率が高いので、
ビッグバスには強いとされています。

テキサスリグ、ラバージグのトレーラーに最適です。

6.グラブ

カーリーテールの一種ですが、ずんぐりとしたボディと大きなテールを
持つタイプは、グラブとして区別されます。

大きなテールをヒラヒラさせる動きは、小魚そのものです。

あらゆるリグに使えますが、ジグヘットリグが使いやすい。

7.パドルテール

ウィードやアシなどの植物系カバー(障害物)に対するすり抜け能力が高いので、
主にテキサスリグに使用されます。

うちわのようなテールは、ボトムでのアクションで水をあおぐだけではなく、
フォール中やスイミング中になると、大きく回転します。

8.チューブ

かつてはスクイッドタイプとも呼ばれた、中空で多くの足を持つワームです。

水の中に入れると、足がヒレに見えて、小魚そっくりになります。

ジグヘッドを内部にセットするのが基本で、
ダークアクションとスパイラルフォールがバスを誘います。

様々なバスフィッシングのスタイル

1.ボート

ボートがあれば、その水域のほぼすべての場所を釣ることができます。

ブラックバスがどこに逃げても追い詰めることができるので、
全力でパターンフィッシングを追求することが可能です。

2.岸釣り

準備も楽ですし、手軽に釣りを楽しめるのが岸釣りのメリットです。

費用も安く上がります。

キャスト範囲より沖にブラックバスがいる場合はお手上げですが、
意外に届く範囲にもブラックバスはいるものです。

3.フローター

浮き輪のようなアイテムがフローターです。

ボートのように大量の道具を積んだり、大移動するのは無理ですが、
細かく攻めるのは得意です。

また、ブラックバスから警戒されにくいメリットもあります。

4.ウエーディング

「もう少し沖にルアーを飛ばしたい」と思ったら、ウエーディングがお勧めです。

ウエーダーを履くことによって、岸釣りに比べて足場が
数倍、数十倍に増えるので、行動範囲が広がります。

ブラックバス釣りに必要なテクニック

ルアーのなかには、遠くにいるブラックバスを呼び寄せるほどの
強力な集魚力持つものもありますが、
ワームをはじめとした多くのルアーは、ブラックバスの目の前を通したり、
鼻先に落としたりすることによってバスの食い気を誘います。

さらに、ブラックバスは岸ぎわや湖底の変化、障害物などに
寄り添っていることが多くあります。

そんなバスの目前にルアーを持っていくためには、
正確なキャスティング能力が不可欠となります。

裏を返せば、正確なキャスティング能力さえ身につければ、
釣果も確実にアップする
ということです。

もちろん、ルアーを操るロッドワークも大切ですし、アタリを取ってから、
適切なアワセを加えないとフッキングにも持ち込めません。

そして、ラストのランディングも油断をするとバスに逃げられてしまいます。

春のバスフィッシング

ブラックバスの産卵期をスポーンといい、産卵することをスポーニングといいます。

晩冬をじっと深場のストラクチャーで過ごした多くのブラックバスは、
水温の上昇に合わせてシャローレンジにある産卵場所を目指して行動しますが、
この時期を産卵前のプリスポーンと呼びます。

ただし、水温が上がりきらず、冬の間とさほど変わらない早春のころは、
プリスポーンの動きに入る直前のバスがオダなどの深場のストラクチャーで
群れているだけで、シャローレンジに移動するバスは多くありません。

やがて水温の上昇とともに、湖の中の暖かいエリアにいるブラックバスから順に、
次第に春に近づく天候に合わせるように、浅い層に上がっては深場へ戻ったりを
繰り返しながら、次第にシャロー・レンジへと向かっていきます。

移動の際にはディープからシャローへつながる地形がベースとなり、
途中にある各ストラクチャーがバスが寄るコンタクトポイントになります。

ほかに冬の間もシャローにとどまり、シャロー内の移動のみで
スポーニング・エリアに入るブラックバスもいます。

シャローに上がってきたブラックバスはスポーニング・ベッドを作って、
オスとメスのペアで産卵します。

産卵床を作るのに適した場所の条件のひとつは、産卵した卵を孵化させやすい
ということです。

日当りが良く、水の動きが少ない場所が好まれます。

もうひとつの条件は産卵床を維持しやすいということです。

具体的には風や波によってゴミや泥、砂などが産卵床にかからない場所
ということになります。

底質は砂利や岩のほうが卵が砂や土に覆われにくく、
ブラックバスにとっては好条件です。

ブラックバスが産卵床を作る場所はディープ・レンジから上ってくる
ルートに近い方がブラックバスにとっては移動距離が少なくてすむため、
より好条件となります。

産卵場所が決まると押すが産卵床を作り、抱卵したメスを導いて、
産卵が始まります。

卵を産み終えたメスは付近の水深のある場所にあるストラクチャーへ戻って
体力を回復させ、オスは卵が孵化するまで、しばらく産卵床近くにとどまって
卵を守り、その後メス同様に付近のストラクチャーで休みます。

産卵後のブラックバスは、シャローへ上がってきたルートを少し戻った
カケアガリ付近のストラクチャー付近にサスペンド状態で休んでいることが
多くあります。

メスの中には産卵を一度で終わらせずに、しばらく休んだ後、
再びシャローへ産卵に向かう個体もいるようです。

この時期のバスは体力を消耗しているので、
活発に活動することはあまりなく、釣るのは難しいことが多いです。

しかし、この状態もすぐに終わり、やがてシャローから
ミドルレンジへ散らばって、活発にベイトを追うようになります。

夏のバスフィッシング

初夏から梅雨にかけて、ブラックバスは産卵後の低活性の状態から
徐々に抜け出して、活発にエサとなるベイト・フィッシュを追い始めます。

特に気温、水温共に上昇しやすい平野部の湖沼では、早い時期から
高活性のブラックバスに遭遇できますが、逆に山上の湖では
産卵後の状態の低活性のブラックバスが残っていることが多くあります。

産卵後の低活性の状態を抜けると、多く伸ばすがフィールド全体の
シャローからミドルレンジの各ストラクチャーに散っていきます。

この時期の大きな特徴としては、桟橋の下や藻の上、橋脚付近で
サスペンドしているバスが多いということが挙げられます。

また、傾向としては特定の場所で釣れるということはなく、
シャローからミドルレンジのストラクチャーなら、
フィールドのどこでも釣れるという状態になります。

ごく単純に目に見えるストラクチャーを探っていくだけでも釣果が望める時期
ということになります。

水温が上がるにつれて水中の酸素が少なくなる盛夏は、
ブラックバスにとって過ごしにくい時期となります。

そこで少しでも水温の低い、酸素の多い場所を求めることになります。

この時期、太陽光の影響を受けて水温は表層に近いほど高くなり、
逆に深くなるほど水温は低くなります。

このことから多くのブラックバスは深場のストラクチャーやカケアガリ付近に
潜むことになります。

ただし、シャロー~ミドルレンジのエリアでも、水温と酸素を好条件にする
要素があります。

ひとつは流れのあるエリアで、湖全体の大きな流れも重要な要素になります。

常に水が動いている場所ではディープレンジでもブラックバスがつく可能性が
高くなります。

目に見えて流れの無いような場所でも、湧水があれば低温の水が常に供給され、
水の流れもできるので、ブラックバスにとっては快適な環境となります。

水中に酸素を取り入れる働きをするという点では
風も好条件を作り出す一因となります。

水に流れを起こし、水面を波立たせることでその働きを促します。

もうひとつ忘れてならないのが日陰(シェード)となる場所です。

桟橋の下やゴミだまり、アシ原の奥や藻の密集している場所、
オーバーハングした木の陰や、大規模なものでは
フィールドの南側にある山などが日陰を形成するストラクチャーとなります。

特に藻の密集した場所などは日陰のみならず酸素も供給する役割を果たしており、
水中のカケアガリなども地形自体が日陰を作っています。

このように好条件の地形に日陰を形成するストラクチャーがあれば、
条件的にはベストとなります。

暑さの最も厳しい時期を過ぎても、大きい湖では野池のように
小さいフィールドとは異なり、水温はすぐには下がりません。

水温の低下は気温の低下の数週間後にやっと全湖におよぶほどなので、
暑さが一段落してもまだ水中は盛夏であるということがいえます。

秋のバスフィッシング

秋に入るとベイト・フィッシュをバスが活発に追い始めるシーズンになりますが、
晩夏から初秋にかけては水中は夏とほぼ同様の状態が続きます。

やがて秋風が吹いて少し肌寒さを感じる頃になると、次第に水温も下がってきて、
深場にいたブラックバスも、わずかな水温の低下に反応して、次第に生息する層を
浅くします。

こうした動きは橋脚などの垂直方向に伸びるストラクチャーで
顕著に見ることができ、藻のあるエリアでも藻が生えている面の上に
サスペンドするバスが多くなります。

さらに表層から近い層から次第に水温が下がると、
表層から深場までのどの層でも、ほぼ同じ水温になります。

ブラックバスにとっては過ごしやすい絶好の水温で、水温という要素では
ブラックバスの居場所を特定しづらくなります。

そこでブラックバスのつく場所の特定のカギとなるのが、
ベイト・フィッシュの存在です。

水温や産卵がブラックバスの動きに影響を与える要因にはならないので、
単純にエサであるベイト・フィッシュのいるところがバスの居場所になります。

実際にはブラックバスはベイト・フィッシュが多い、シャローかディープの
いずれかのレンジに大きく分かれることとなります。

シャロー・レンジにいるベイト・フィッシュの代表格はアユとオイカワです。

これらの魚は流れ込み回りや藻がある場所、岩場や小枝などが集まってできた
オダなどのストラクチャーに集まります。

ただし、シャロー全体をそれぞれのストラクチャーに寄り付きながら
回遊しているので、それを追うバスの居場所を特定するのは容易ではありません。

ピンスポットを点で探るのではなく、シャローでベイト・フィッシュがいる
エリアを面で探すことが必要になります。

ディープ・レンジにいるベイト・フィッシュの代表格はワカサギで、
この魚も常に回遊しています。

この場合はワカサギの群れを下からブラックバスが追い込みやすい、
フラットな地形を探すことが大事になってきます。

こうした地形に藻が生えていたりすればより好条件と考えられ、
フラットな地形がなくてもオダなどディープ・レンジにある
大型のストラクチャーは、ベイト・フィッシュとバスがともに寄る要素となります。

こうしてディープ・レンジでベイト・フィッシュを追う傾向は
冬のシーズンまで続きます。

秋に良く話題に上る「ターンオーバー」とは、湖の水の上下逆転現象のことです。

水温が高ければ比重が軽く、低ければ重くなり、通常は浅い層の方が
暖かく軽いところが、天候などの影響で浅い層の水温が下がり、
深場の水温が高くなると、浅場の水と深場の水が逆転してしまいます。

ほかのシーズンでも小規模で起こる現象ですが、秋にはフィールド全体の規模で
起こりやすく「フォール・ターンオーバー」と呼ばれます。

ターンオーバーが起こると水質が悪化してブラックバスの活性が下がるので、
湖の中でターンオーバーが起こっていないエリアを探すことが大切です。

冬のバスフィッシング

夏から秋にかけての水温変化と同じように、秋から冬にかけての水温の低下も、
気温の低下より遅く進みます。

そのため初冬の時期でもブラックバスは活発にベイト・フィッシュを
追っていることが多いです。

およそ11月から12月頃までは。水温が劇的に低下することはなく、
晩秋と同じ状態が続きます。

それでもすこしずつ水温が下がり始めると、それに合わせるかのように
シャローからは徐々にブラックバスの姿は少なくなっていきます。

水温の低下が一息つく頃には、少しでも水温が高いエリア、
湖の大きな流れを直接受けない場所がブラックバスのつく場所となります。

また比較的大きい規模のストラクチャーに集まりやすいのもこの時期の特徴です。

オダや取水塔、浚渫跡といったストラクチャーは水の流れを避けるのに
好条件で、規模が大きくなればなるほどその傾向は強くなります。

また、水が温まりやすいという点では、太陽光があたるエリアにある
硬い底質やストラクチャーも見逃せません。

溶岩帯や岩場のエリア、護岸エリアや消波ブロックが水中まで
続いているようなスポットもより水温が高くなりやすいといえます。

大きく水の流れの影響を受けないという点では、
入り江状に深く入り込んだワンド内がエリアとしては好条件です。

特に藻が生えているような場所があれば、湧き水のある可能性が大きいので
狙い目です。

湧き水は年間を通して水温が安定しており、冬の間は湖の水温より
暖かい水である可能性が高いからです。

また、ダム湖でよく見られる排水口周りも同様の理由から狙い目となります。

排水はたいてい湖の水温より温かいため、周辺にはブラックバスだけでなく
小魚が寄っている場合もあります。

ただ、真冬の本当に寒い時期は、ブラックバスが極端に低活性状態となるので、
バイトさせるのが難しい場合が多くなります。

この傾向は水温が低くなるほど顕著になり、
目の前にルアーや本物の餌があっても攻撃しなくなるほどです。

わずかに口を使う可能性があるのが、ベイト・フィッシュを追っている
ブラックバスですが、この時期になるとシャローではベイト・フィッシュが
ほとんど見られなくなり、ディープにいるワカサギがメインベイトとなる
ことが多くなります。

ワカサギのいる場所は秋と同じくフラットな地形なので、
ブラックバスは周辺の急なカケアガリなどに潜んでいます。

晩冬から初春になると、ブラックバスは水温が高いエリアやストラクチャーに
つきながらも、次第にスポーニングのためのシャローへの移動につながる動きを
見せ始めます。

これは水温が4~5℃しかないような時期でも見られる動きでブラックバスは
少しずつ、生息場所や層を移っていくようです。

こうしたブラックバスはスポーニング・エリアへと通じるルートにつながる
ストラクチャーなどに集まり、次第にシャローへと向かいます。

これは産卵前のひとつ前の状態、あるいはさらにそのひとつ前の段階にいる
ブラックバスで、すこしずつ段階を経てシャローへと向かいます。

その途中でブラックバスがたまったり、寄ったりするストラクチャーを
見つけることができれば、まとまった釣果が得られることもあります。

バスフィッシングにおけるキャスティングの種類

バスフィッシングにおけるキャスティングの基本は、
オーバーヘッドキャスティング」です。

これは、その名の通りロッドを真っ直ぐ振りかぶり、頭上から振り下ろすように
ロッドをスイングしてルアーを飛ばす方法です。

もっとも遠投が利いて、タックルやルアーを選ばないオーソドックスな
キャスティングです。

また、横にロッドをスイングして飛ばす
サイドハンドキャスティング」も覚えたいところです。

これは、ルアーを低い弾道で飛ばせるので、着水音を小さく抑えられます。

また、藪の隙間など、釣り人がロッドを振りかぶれないような環境でも、
キャストすることが可能です。

ビギナーがラインをリリースするタイミングを練習する場合は、
サイドハンドキャスティングが最適
です。

そして、ボートからのバスフィッシングで、オーバーヘッドキャスティング
以上に多用するキャストが「ピッチング」です。

これは、ルアーを振り子のように動かしてキャストする方法です。

エサ釣りなどで、ノベ竿で仕掛けを降り込む要領に近いでしょう。

サイドハンド以上に弾道が低く、狙いも正確で、着水音も非常に小さい。

慣れれば飛距離も伸ばせますし、なにより巻き上げてから
2モーションで次のキャスティングに入れるので、手返しがいいのです。

手返しのよさでいうと、ピッチング以上にいいのが「フリッピング」です。

これは、リールのクラッチをフリーにせず、ラインを指でつまんで、
それを引いたり送り込んだりするだけでラインの出し入れをするキャスト法です。

狙える距離はかなり短いものの、ワーム類を音もなく着水させることができますし、
ピッチングで1投するあいだに3投はできます。

ピッチングとフリッピングのふたつは、バスフィッシング特有の、
正確さと効率を重視したキャスト法だといえます。

そのほかにも、ルアーを水面で跳ねさせる「スキッピング」
ロッドを弓のように曲げて投げる「ボウ&アローキャスト」など、
小技を利かせたキャスティングテクニックがあります。

1.オーバーヘッドキャスト

ロッドを上段に振りかぶって、頭上でスイングするキャストの基本。
剣道でいうと、面打ちする動作に近い。
力が入れやすく、遠投に向いている。

2.サイドハンドキャスト

ロッドを横に構えて、水平方向にスイングするキャスティング。
ルアーの弾道が低く、着水音が小さい。
キャスティングの基礎習得に適している。

3.ピッチング

ルアーを振り子のように動かして、ロッドを振り上げ、その勢いで投げる方法。
弾道が非常に低く、正確かつ効率がいい。
究極のキャスト術です。

4.フリッピング

リールのクラッチは切らず、ラインをつまんで、その手を後ろに引く。
その出したラインだけを送り込んで、近距離のカバーを効率よく打っていく方法。

5.スキッピング

飛び石のごとく、水面を跳ねさせて、ルアーを投げる方法。
オーバーハングや桟橋など、天地の隙間が狭い場所へとルアーを送り込む場合に有効です。

6.ボウ&アローキャスト

ルアーを持って、ロッドを弓のように曲げる。
そのルアーを放した直後の、ロッドの復元力だけで投げる方法。
狭い隙間の奥を狙う場合に最強です。

バスフィッシングのロッドワーク・ルアー演出

1.タダ巻き

クランクベイト、スピナーベイトなど、巻くだけで動くルアーは、
一定速度のタダ巻きでこそ能力を発揮するものが多い。

大事なのは、最適な巻きスピードを見つけて、ブラックバスのいる
レンジを泳がせることです。

これが簡単そうで簡単ではありません。

2.シェイク

ロッドの先を震わせる演出法です。

基本的には、ワームやラバージグをボトム付近に置いて震わせます。

食いの悪いときに、食ってほしい位置で使うことが多い。

そのほか、水面のルアーやスイミング中のワームにシェイクを加えることもあります。

3.ポーズ

動きを止めることです。

特にトップウォーターで使う演出です。

まずは着水直後にポーズを入れると、一度逃げたバスに、
戻ってくる時間を与えられます。

基本は、食わせどころでポーズを入れればいいでしょう。

長時間動かさない「放置プレー」もポーズの一種です。

4.トゥイッチ

ラインをやや弛ませながら、サオ先を鋭くチョンチョンと動かすテクニックです。

ルアーが鋭く動き、ぴたりと止まるという動作を連続的に繰り出せます。

特にミノーやシャッド向きの演出法で、コツをつかむと
左右へとジグザグに動かせます。

5.ズル引き

ワームのもっともベーシックな演出法です。

まずはリグをボトムまで沈めてから、底を這わせるようにして動かします。

リールで巻いて動かすのではなく、ロッドをスライドさせてワームを動かし、
ロッドを戻したときにラインを巻き取るという感じです。

6.フォール

ブラックバスは上から落ちてくるものに弱い習性があります。

そのためルアーを沈める「フォール」もテクニックのひとつです。

リールをフリーにして真っ直ぐに落とす「フリーフォール」が基本です。

ラインを出さずに扇形に落とす「カーブフォール」は、よりスローに落とせます。

7.ストップ&ゴー

一定のスピードで動かして、少しポーズを入れ、また一定のスピードで動かします。

この繰り返しがストップ&ゴーです。

追ってくるブラックバスに対して、定期的に食いつく機会を与えることができます。

特にトップウォーターの基本的な演出法といえます。

8.リフト&フォール

主にバイブレーションプラグに使うロッドワークです。

シンキングのルアーをボトムまで落としてから、ロッドを上に振り上げて、
浮き上がらせて、また沈める。

この繰り返しです。

幅広いレンジを探って、反射的に食わせる要素もあるテニックです。

ブラックバスの4つのアタリ

ブラックバスのアタリは、大きく分けて4つあります。

それは、手元に伝わってくるアタリ竿先に出るアタリ
ラインに出るアタリ目で見える捕食です。

もっともわかりやすいのが、手元に伝わってくるアタリです。

これは、ワーム類ならば、ルアーが吸い込まれるような感触が
ありありと伝わってきます。

そして、クランクベイトやスピナーベイトの場合、規則正しいルアーの抵抗が、
ズシンと重くなったり、魚が首を振る感触に変わります。

逆に、食ったブラックバスがそのまま釣り人の方向に泳いできてしまい、
逆に抵抗がなくなることもあります。

次は竿先に出るアタリです。

手元までは伝わってこないような微細なアタリでも、しなやかなティップの
ロッドを使っていれば、ティプが曲がってアタリを知らせてくれることがあります。

特に、これはスピニングでのライトリグに多く出るケースです。

そしてより高度なアタリが、ラインに出るアタリです。

単純に弛んだラインがピンと張られたら、それはアタリです。

また、フォール中にアタリを取る場合も、ラインで見極めます。

ラインが水中に没する点をよく見て、この点が右や左に動いたら、
ブラックバスが食った可能性が高い。

そして最後が目に見える捕食です。

これは、トップウォーターにバスが出た瞬間や、見えバスが
ワームを食った瞬間なども、捕食自体が見えるケースです。

これも非常にわかりやすいアタリだといえます。

1.手元に伝わってくるアタリ

ラインテンションが張られている状態のときに、水中のブラックバスが
ルアーに接していると、その様子がラインからロッドを経て、
手元に伝わってきます。

2.竿先に出るアタリ

ブラックバスがルアーを口の中に入れて、
あまり動かないと手元にアタリはきません。

しかし、ソフトなティップのロッドなら、
竿先が曲がってアタリを教えてくれます。

硬いロッドに対して、ブラックバスが違和感を持ってしまうような状況だと、
明暗を分けるアタリです。

3.ラインに出るアタリ

弛んだラインがピンと張ったり、フォール中のラインが、
右や左に走ったりすると、アタリの可能性が高いといえます。

コツは、ラインが水中に没する1点を見つめることです。

4.目で見える捕食

トップウォーターなら水面が割れて、その後
ルアーが浮き上がってこなかったら、アワセるべきです。

また、見えバスを狙っているとき、ブラックバスがワームを食うのが見えたら、
即フッキングのチャンスです。

バスフィッシングのアワセ

アタリブラックバスがルアーを口に入れているサインです。

そのアタリがきたら、ブラックバスがルアーを吐き出す前に、あるいは、
のどの奥へと飲み込んでしまう前にアワセを決めなければいけません。

アワセの大原則は、ラインの弛みを取ってからフッキング動作に入ることです。

ラインが弛んだまま強いアワセを加えると、太いでも切れる危険性があります。

アワセは、力強くロッドを釣り人側に引き寄せればいいだけのようだが、
ことはそんなに単純でもありません。

使っているルアーやタックル、状況によって、その方法がいくつかに分かれます。

たとえばラバージグの場合、ブラックバスがジグを口に入れても、
すぐに吐き出してしまうケースが少なくありません。

そんな場合は、やはりアタリがあった瞬間にアワセる
即アワセ」が有効になってきます。

4ポンド以下のライトラインで、ブラックバスを狙うような
フィネスフィッシングの場合、アタリがあった直後に
即アワセを加えたりするのはご法度です。

かなりの確率でラインが切れてしまいます。

それは単に引っ張られた力のせいだけではありません。

ブラックバスがひと息で吸い込んだライトリグは、ラインごと口の奥の方に入り、
さらにバスは横を向いている可能性もあります。

その状況で強くアワセると、やすりのようなブラックバスの口に
ラインを思い切り擦りつけることになります。

これでは、細いラインはひとたまりもありません。

このような場合は、ラインスラック(ラインの弛み)を巻き取ってから、
ゆっくりと長いストロークでアワセるのが鉄則です。

まるでほうきで掃くような動作なので「スウィープフッキング」と呼ばれます。

これなら、多少歯で擦れても簡単には切れませんし、
バスの唇の硬いところに刺さる確率が高いのです。

この即アワセと、スウィープフッキングのいいところを併せ持ったのが、
巻きアワセ」です。

アタリがあったら、まずリールを巻き、その状態のまま、ロッドでアワセます。

ラインスラックも瞬時になくなりますし、ロッドを勢いよく動かさなくても、
フッキング力は強い。

多くのシチュエーションに対応しますが、
特にトップウォーターに向いているアワセ方です。

1.即アワセ

アタリがあったら、速攻で力強くアワセます。

太いラインを選択したベイトタックルで、ワームやラバージグを使う場合は、
このアワセが主流です。

2.スウィープフッキング

アタリがあったら、ラインスラックを巻き取りつつ
ロッドを魚の方向に向け、長いストロークでゆっくりとアワセます。

ライトラインの場合の極意といえます。

3.巻きアワセ

アタリがあったら、リールを巻き、巻き続けながらロッドでもアワセます。

パワーもありますし、乗らなかったときにルアーがすっ飛んでこないのも
いいところです。

バスフィッシングのランディング

アワセが決まったら、ブラックバスとのファイトが始まり、
最終的にはランディングしなければなりません。

このランディングが曲者で、ブラックバスは足元やボート際にきたときに、
突然思いもよらない抵抗を試みます。

そして、まんまとフックを外して逃げてしまうことがあります。

このランディングに関しては、もっとも大事なのは焦らないこと
そして、躊躇せずにランディングすることです。

このメンタメ面が弱いと、失敗することが多くなります。

もっとも一般的なランディング法は、手で口をつかむ
ハンドランディングです。

そして、ブラックバスの重量に対してラインが十分太ければ、
抜き上げがスピーディーかつ確実です。

また、確実という点では、ネットによるランディング
右に出る方法はないでしょう。

ボートならネットランディングが最良の選択になります。

岸釣りの場合は、無理して手で口をつかむより、 そのまま岸にズリ上げる「ズリ上げランディング」が確実です。

大型のブラックバスを狙う人々にとっては、常識的なランディング法
となっています。

1.ハンドランディング

基本中の基本ですが、ブラックバスの下あごを手でつかむ
「ハンドランディング」。

焦らずにバスを寄せて、「今だ!」と思ったら躊躇せずにつかみましょう。

2.抜き上げ

ラインが十分に太ければ、ハンドランディングするよりも、
さっさと抜き上げたほうが確実なケースは多くあります。

ただし躊躇すると空中で暴れて逃げられます。

3.ネットランディング

もっとも確実なのがネットランディングです。

45cm以上の大型ブラックバスには、一番お勧めです。

最近は岸釣りでもネットを持ち歩く人がいます。

山上湖のバス釣りポイント

ウィード、取水設備、岩場、湧き水、浜などは、山上湖特有
といってもいいバス釣りポイントです。

岬周りの岩場は、小魚の回遊場所であり、大型のバスが潜みやすいものです。

また流入河川の流れ込みは、サンドバーと呼ばれる、浅いフラットエリアを
形成していることが多く、その沖にある最初のブレイク(カケアガリ)は
見逃すことのできないポイントです。

ウエーディングできるとかなり有利です。

山上湖は遠浅の地形が続くエリアが多いので、ウエーダーとライフジャケットは
大きな武器になります。

1.倒木

シャローからディープへのバイパスの役目も果たす第一級のカバーです。

ノーシンカーなどで釣っていくなら、手前から丁寧に狙っていきましょう。

一本の倒木から、複数のブラックバスを釣り上げることも可能です。

2.ブレイク

水深が突然変わるところをブレイクと呼びます。

小魚やバスのスクール(群れ)はブレイクに沿って回遊することが多くあります。

キャロライナリグをブレイク沿いに引くのが手っ取り早いでしょう。

3.ウィード

山上湖特有の最強カバーです。

その種類や生え方などによっても攻め方は違います。

どんなルアーでも、ウィードが生えているエリアと生えていない
エリアとの境界線付近は探るべきでしょう。

4.桟橋

木の脚と広い日陰を併せ持つ、ブラックバスにとっては理想的な棲み家です。

ノーシンカーをスキッピングで中に入れるのが王道です。

際をトップウォーターやバズベイトで引くのも面白いでしょう。

湖沼のバス釣りポイント

メインのカバーはアシです。

また、護岸もバスの着き場となっていますが、その護岸地帯にある
水門や波消ブロックは、超A級のストラクチャーです。

一年を通じてブラックバスのいる確率が高い。

それから、慢性的に水質が悪い本湖に比べて、流入河川は水質もよく、
エサも豊富なのでバスが集まってきます。

特に夏と冬は流入河川が強い時期です。

本湖の沖にもバス釣りポイントはあります。

それは、ハードボトム、漁師が入れたオダという漁礁、
それから浚渫の穴もいいでしょう。

1.アシ

平野部の湖沼を取り囲む、植物カバーの代表です。

広大なので、スピナーベイトやクランクベイトで際を探るか、
ピッチングやフリッピングでワーム類をテンポよく打ち込んでいきましょう。

2.護岸

岸はアシ以上に護岸であることが多いものです。

実はこの護岸自体が巨大なストラクチャーとなり、バスがよく着いています。

岸釣りなら、歩いてワームなどを引く「テクトロ」が強力な手段です。

3.ヒシ

浅い場所に生える水棲植物です。

日陰を作り、エビなどの甲殻類やカエルも棲みやすいので、
特に夏場はブラックバスにとってのオアシスになります。

ルアーはフロッグがダントツに効果的です。

4.

変化に乏しい沼の中で、木の杭は豪邸に匹敵する障害物です。

スピナーベイトを当てるように引く、ラバージグはタイトにフォール。

1方向だけではなく、複数の方向から狙うべきでしょう。

ダム湖のバス釣りポイント

バックウォーターと呼ばれる最上流部は、ほとんどの場合、水質がよく、
ベイトフィッシュもストックされているので、バスの魚影は濃いものです。

ただし、水がクリアで人的プレッシャーも高いので、
ブラックバスの警戒心は極めて高い。

倒木、立ち木、スタンプ(切り株)などのウッドカバーも、
ダム湖の名物的バス釣りスポットです。

ブラックバスは高確率で着いていますが、険しいカバーなので、
油断をすると巻かれてしまいます。

最下流のオイルフェンスからダムサイドまでは、
通常立ち入り禁止なので注意が必要です。

1.

岬は、ディープとシャローをつなぐ階段のような役目も果たしますし、
ブラックバスが小魚を追いこむのにも適しています。

ブラックバスは通常上流を向いているので、岬の下流側の側面に着く
傾向があります。

2.立ち木

枝振りのいい立ち木にはたくさんのバスが着き、太い立ち木には、
大型のブラックバスがポツンと着くことが多くあります。

水面に出ている部分も大事ですが、テキサイリグを入れるなら、
根元も狙いましょう。

3.流れ込み

酸素を多く含んだフレッシュな水が流入し、小魚も集まりますし、
上から昆虫などが一緒に流れてくることもあります。

特に夏はA級クラスのポイントです。

ラバージグやノーシンカーが威力を発揮します。

4.岩盤

急激な増減水が起こると多くの人がバスを見失います。

しかし垂直岩盤は、ブラックバスが上下に水深を変えるだけなので、
増減水に強いポイントといえます。

ルアーはトップウォーターか、ライトリグがお勧めです。

川のバス釣りポイント

堰、水門、橋脚、波消ブロックなどが、マンメイドストラクチャーの代表です。

ナチュラルなバス釣りポイントとしては、ベンド部、瀬、ワンド、逆ワンド、
支流との合流点などがあります。

一見つかみどころのない川ですが、どんなポイントにバスがいるのかを知れば、
意外にもポイントだらけだということに気づきます。

ただ、大雨によって激流、濁流になってしまうと、ほぼ壊滅状態になります。

逆ワンドや、水路など、濁流の影響を受けにくい場所を攻めてみましょう。

1.

川には必ずといっていいほど堰があります。

堰の上流は止水エリアになっています。

堰の下流は速い流れや緩い流れが混在する状態で、水の酸素量が多くあります。

どちらも有望なポイントです。

2.波消ブロック

川の流れがよく当たる部分に、波消ブロックは設置されています。

魚の往来も激しいですし、波消ブロックはまたとない隠れ家にもなります。

岸側、沖側、そしてブロックの中も狙うべきでしょう。

3.橋脚

橋脚は単体でA級のポイントになりますが、シェードにもなりますし、
川底には土台があって、ハードボトムになっています。

また、流れてきたゴミを止めて、複雑なカバーを形成しています。

じっくり狙う価値があります。

4.逆ワンド

川を中州でふた股に分かれさせて、片方の上流側だけを塞いだような地形を、
逆ワンドと呼びます。

本流とも出入りできる止水エリアなので、ブラックバスには理想的な環境です。

ただし、浅いことを念頭に置いておきましょう。

野池のバス釣りポイント

野池は、用水路や小川、あるいは上にある池から水を引いて、
それを溜めてあることが多いものです。

その水の取り入れ口から、堰堤の樋門にかけて、チャンネルと呼ばれる
溝のようなものができていて、
冬場はここでブラックバスがじっとしていることが多いものです。

特にダム型の野池は、堰堤からの釣りしかできないことがあります。

キャスト範囲は限られますが、
それでも正確にポイントを射抜けば結果は出せます。

正確なキャストが大事なフィールドです。

1.堰堤

野池は全体的に浅いものです。

その池の中で、もっとも深い場所は堰堤です。

特に「樋門」と呼ばれる水抜きの水門前は、上流からの
チャンネル(溝)がある場合が多く、もっとも有望です。

2.流れ込み

野池の水質は悪く、酸素が少ないことが多いものです。

そのなかで一服の清涼剤となっているのが流れ込みです。

流れの上にワームを投げ込み、流れと一緒に池に落とすと、
一撃で食ってくる可能性が高いといえます。

3.オーバーハング

木が覆いかぶさっているポイントです。

日陰ができるので、夏場は涼しさを求めてバスが入ります。

また、昆虫が木から落ちてくることも多くあります。

スキッピングでワームを奥まで入れましょう。

4.浮きゴミ

木屑や落ち葉などの浮きゴミです。

この下のシェードにもバスは着きます。

また、浮きゴミの下には沈んだゴミもあるので、カバーになっています。

テキサイリグやフロッグを投入してみましょう。