ブラックバス釣りに関する注意点

外来生物法について
ブラックバスは日本古来の生態系を乱しているとして、

「外来生物法」により規制がかかりました。

違反すると、懲役や罰金がある法律です。

また、各自治体により、独自の条例を制定しており、場所によっては

キャッチ&リリースを禁止している場合がありますので、注意が必要です。

バサーがやってはいけないこと

基本的には以下の項目が禁止されています。

● ブラックバスを持ち帰ること

● ブラックバスを売買すること(許認可を受けている者は別)

● ブラックバスを飼育すること

● ブラックバスを誰かに渡すこと

● ブラックバスを輸入すること

● ブラックバスを放流すること

タグ

最新情報