音と波動でバスを引き寄せる方法

ブラックバスの聴覚

ブラックバスはエサを探すとき、視覚だけではなく、聴覚を頼りにしています。

魚類には側線という、水の流れや振動を感知する独特の器官が

身体の側面に走っており、どこに震動源があるのか、感覚的に察知できるようです。

また、それとは別にバスには内耳があり、非常に音に敏感だと言われています。

このバスの優れた聴覚を逆に利用して、バイブレーションを起こすタイプのルアーで

バスを引き寄せることができるのです。

ルアーの使い分け

スピナーベイトはバイブレーション+きらめき(フラッシング)の両方で

バスをおびき寄せることができ、

バスにとっては「小魚の群れがいる」と勘違いさせる効果があるようです。

なお、バイブレーションプラグとは、音と波動でバスをおびき寄せるために

特化したルアーで、文字通り、独自の音と波動で遠くからでもバスが寄ってきます。

フローティング・サスペンド・シンキングの3種類があります。

広範囲を探りたい場合に活用するといいでしょう。

タグ

最新情報