ブラックバス釣りのコツ

フットワークの軽さが命

ブラックバスは粘れば釣れる、という魚ではありません。

反応がまったくとれない場所で1時間以上竿を振り続けても無駄だと思って下さい。

釣れなければ、次の釣り場へ

バスの気持ちを想像する

ブラックバスは季節によってポイントや活性が変わる魚です。

また、フィールドごとに若干性質も変化している可能性があります。

「この季節にはこのような場所を好むはずだ」とバスが生息するポイントを推理し、

バスの気持ちになって居場所を見つけることがコツです。

考えうる限りの方法を試す

何度キャストしても釣れない場合、そこには必ず釣れない理由があります。

水温の変化のせいでポイントを移動している、季節のせいで活性が鈍くなっている、

あるいはルアーに見慣れている、などあらゆる可能性がそこにあります。

ポイントが悪くないようなら、ルアーを何度も変えてみたり、

レンジ(水深)を変えて探ってみるといいでしょう。

タグ

最新情報