ルアー


これだけは揃えておきたいルアーは?

ブラックバス釣りに関する質問

これだけは揃えておきたい、3つのルアーは?

ブラックバス釣り情報27

ブラックバス釣りに関する回答

バイブレーション、クランクベイト、S字形ミノーの3種類。

陸っぱり攻略ポイント1~5

陸っぱり攻略ポイント1

濁っているということは、魚にルアーを見せにくい。

そんなときには、色・音・光・水の波動などで気付かせることが大事。

陸っぱり攻略ポイント2

陸っぱりでは、まずは足元から攻めること。

(オープンウォーターを攻める前に際から攻める。)

陸っぱり攻略ポイント3

(バスに警戒される前に)進行方向に向かってキャストする。

この時、トレースラインを変えていくことが重要。

陸っぱり攻略ポイント4

朝一は際につくことが多いことも覚えておいてほしい。

陸っぱり攻略ポイント5

陸っぱりでは、(足を活かして)機動力を使って攻略せよ!

陸っぱり攻略ポイント6~10

陸っぱり攻略ポイント6

ルアーを引いてくる時には、障害物を感じながら引いてくる。

リアクションバイト(反射的に口を使ってしまう行動)があることも!

陸っぱり攻略ポイント7

投げたラインまで歩いてキャスト。これの繰り返し!

バスは、警戒心の強い魚なので先に攻めることが肝心!

陸っぱり攻略ポイント8

常にバージンスポット(攻めていないポイント)を狙っていく!

贅沢に攻めたい。

陸っぱり攻略ポイント9

人より多く釣ろうと思ったら、飛距離が非常に大事になってくる。

よく投げられるためのタックルを用意しておきたい。

陸っぱり攻略ポイント10

変化がある所はバスがついている可能性あります。

必ず攻めるようにしましょう。

ブラックバスが釣れるポイント

障害物に目を付ける

ブラックバス障害物に身を潜めていることが多く、

それらを目印としてポイントを攻めることになります。

代表的な障害物としては、背の高い草の茂み、倒木の陰、何本か並んでいる杭、

コンクリートの岸辺、大きな岩の陰、橋の下、テトラポッドなどです。

特にコンクリートで護岸されている岸辺の場合、ある程度の水深があれば、

足元にバスがいることがあります。

ただ、障害物のある場所はルアーが流されて

根がかりしてしまうことも多いので気をつけましょう。

水温と水深を考える

ブラックバスは季節により、ポイントを移動します

基本的に、晩秋や冬は日の当たる温かい場所や

水底に潜んでいる場合が多いので、深い部分を狙います。

春から夏は、状況にもよりますが浅瀬や気温が高いときは

逆に日陰で涼しい場所を狙うのが論理的です。

ブラックバス釣りのコツ

フットワークの軽さが命

ブラックバスは粘れば釣れる、という魚ではありません。

反応がまったくとれない場所で1時間以上竿を振り続けても無駄だと思って下さい。

釣れなければ、次の釣り場へ

バスの気持ちを想像する

ブラックバスは季節によってポイントや活性が変わる魚です。

また、フィールドごとに若干性質も変化している可能性があります。

「この季節にはこのような場所を好むはずだ」とバスが生息するポイントを推理し、

バスの気持ちになって居場所を見つけることがコツです。

考えうる限りの方法を試す

何度キャストしても釣れない場合、そこには必ず釣れない理由があります。

水温の変化のせいでポイントを移動している、季節のせいで活性が鈍くなっている、

あるいはルアーに見慣れている、などあらゆる可能性がそこにあります。

ポイントが悪くないようなら、ルアーを何度も変えてみたり、

レンジ(水深)を変えて探ってみるといいでしょう。

音と波動でバスを引き寄せる方法

ブラックバスの聴覚

ブラックバスはエサを探すとき、視覚だけではなく、聴覚を頼りにしています。

魚類には側線という、水の流れや振動を感知する独特の器官が

身体の側面に走っており、どこに震動源があるのか、感覚的に察知できるようです。

また、それとは別にバスには内耳があり、非常に音に敏感だと言われています。

このバスの優れた聴覚を逆に利用して、バイブレーションを起こすタイプのルアーで

バスを引き寄せることができるのです。

ルアーの使い分け

スピナーベイトはバイブレーション+きらめき(フラッシング)の両方で

バスをおびき寄せることができ、

バスにとっては「小魚の群れがいる」と勘違いさせる効果があるようです。

なお、バイブレーションプラグとは、音と波動でバスをおびき寄せるために

特化したルアーで、文字通り、独自の音と波動で遠くからでもバスが寄ってきます。

フローティング・サスペンド・シンキングの3種類があります。

広範囲を探りたい場合に活用するといいでしょう。

ランカーサイズを釣るには

ランカーサイズがいる野池とは

ランカーサイズとは、50cm以上に成長したブラックバスのことですが、

そもそもそれだけの体長に成長するためには、10年近くかかります。

ランカーサイズが釣れにくい理由は、それだけの期間にバスも賢くなり、

簡単にルアーにだまされてくれなくなるからです。

まずは釣りに行く前に、あなたが行くフィールドでランカーサイズが

釣り上げられているかどうか、下調べをする必要があります。

「水清ければ、魚棲まず」ということわざがありますが、

整備された澄んだ美しい野池よりも、

背の高い葦に覆われた濁りのある場所の方が、バスを釣るには適しています。

ブラックバス釣り情報19

ベイトタックルを使いこなす

ランカーサイズを狙うのであれば、貧弱なタックルでは

糸を切られて逃げられてしまいます。

ベイトタックルを作り、ラインは最低20ポンド程度。

そして、筋肉痛になるくらい、何度もキャストする根性も必要です。

バックラッシュには気をつけて下さい。

ランカーサイズになると、引きも普通ではありません。

泳がせて、タイミング良く引き上げてください。

ブラックバスが釣れないときの対処法

ポイントを変える

釣れない場所にこだわっても、

バスがそこにいなければ全部無駄になってしまいます。

面倒でも、足を使って色々なポイントを探ってみてください

ルアーをチェンジする

ブラックバスはひょっとすると、あなたが今使っているルアーに

すっかり慣れており、まったく興味を感じていない可能性があります。

バスがこれまで見たことがないようなルアーにチェンジすると、

途端に食いついてくることがあります

アクションを変える

ブラックバスは「高速で動く物に食いつく」習性があります。

あなたのアクションを変えてみることで、思わずバスが食いついてくれる

可能性があります。

ドッグウォークがだめならジャーク

「ジャーク」がだめなら、リフト&フォール など、

色々と試してみてください。

ブラックバス釣り専用タックルの揃え方

タックルとは
タックルとは、ロッド、リール、ラインの仕掛けのことです。

ブラックバス釣り情報7

バス釣りを始めるにあたり、まずこのタックルを揃えなければなりません。

バス釣りでは何百回とキャストすることになりますが、

初心者はキャストの際に糸を木に引っかけ、ルアーをなくしたり、

ロッドを傷めてしまうこともしばしばです。

高価なものは、慣れてから揃えるといいと思います。

道具の選び方

スピニングロッドベイトロッドの2種類があるので、

ロッドは用途に合わせて選びます。

リールもまた、スピニングリールベイトリールがあり、

ロッドに合わせて選んで下さい。

ラインの素材は色々ありますが、ナイロン製が主流です。

バス釣り専用ルアーの特徴と使い方

ルアーとは

ルアーとは、魚をおびき寄せる疑似餌のことです。

ブラックバス釣り情報5

ミミズそっくりのルアーもあれば、リアルな小魚を模したものもあり、様々です。

もちろん、リアルな見た目にバスが黙って食いつくわけではなく、

ルアーを糸に結びつけ、釣り人が本物のような動きを与えることで、

初めてバスが食いついてくれます。

ルアーの種類

ブラックバス釣り情報6

ワーム

ソフトルアーとも呼ばれ、ゴムでできたミミズや虫の形をしています。

ワームにはバスをおびき寄せるように、匂いをつけているものがあります。

スピナーベイト

楕円の金属片がついており、バイブレーションときらめきで小魚の群れを模し、

バスをおびき寄せます。

ブレードは3種類あり、コロラド、インディアナ、ウィローリーフがあります。

水底の障害物を感じながら巻きます。

クランクベイト

プラグと言う、プラスチックや木などの固い素材でできたルアーです。

ずんぐりとした形状でボディを左右に振りながら泳ぐアクションが可能です。

バイブレーション

細かく振動しながら泳ぎ、バスを広範囲からおびき寄せます。

釣り場が広く、バスのポイントを特定しづらいときに使用すると効果的です。

タグ

最新情報